AMH(抗ミューラー管ホルモン)は、女性の卵巣年齢を知る指標?

AMH:抗ミューラー管ホルモンは、卵巣内にある前胞状卵胞の顆粒膜細胞から分泌されるホルモンで、女性の卵巣年齢を知る指標となるとして、最近ではこの値によって「早く体外受精をした方がいいよ」とか「排卵誘発は、積極的にした方がいいよ」とか、または「閉経が近いから妊娠は難しいかもね…」と判断する医師もいるようです。

AMH:抗ミューラー管ホルモンは卵巣内にある前胞状卵胞の顆粒膜細胞から分泌されるホルモンですから、卵巣内にある前胞状卵胞数が多ければAMHの値は高く、少なければAMHの値は低くなります。つまり、前胞状卵胞数を多く持つ若い女性はAMHの値も高く、年齢を重ねるに従って数が減るためAMHの値は低くなる傾向にあることから「AMHの値は卵巣年齢の指標になる」と言われるのです。

しかし、AMHはすべての卵胞から分泌されている訳ではなく、「前胞状卵胞の顆粒膜細胞」から分泌されるホルモンです。原始卵胞は、一次卵胞、二次卵胞、そして、前胞状卵胞、胞状卵胞、成熟卵胞と成長し、この成熟卵胞から卵子が排出されるようになるまで実に120日以上もかかります。卵巣の中にはさまざまな成長ステージの卵胞があり、AMHが分泌される前胞状卵胞、胞状卵胞もあれば、それ以前のステージであるAMHが分泌されない二次卵胞、一次卵胞、原始卵胞もあります。

これらのことから、AMHの値が高ければAMHを分泌していない卵胞数も多いだろう、または低ければAMHを分泌していない卵胞数も少なくなっているのだろうと予測しているのです。これが卵巣年齢を知る指標となると言われる所以です。

ですから、AMHの値が低いよりも高い方がいいのは当然のことですが、ではAMHの値が低く、限りなくゼロに近い、またはゼロだったら閉経が近いということなのでしょうか?そして、妊娠のチャンスはないと見なされてしまうのでしょうか?


前胞状卵胞からAMHが分泌されている

© AMHセミナー


自然周期体外受精勉強会