AMHの値がゼロや限りなくゼロに近くても


AMHの値が低い、限りなくゼロに近い、
またはゼロであっても、AMHを分泌していない
卵胞がゼロではない

AMHの値がゼロや限りなくゼロに近い状態は、よい状態ではないことは確かです。しかし、前胞状卵胞以外はAMHを分泌していません。ですから、今周期AMHの値が低い、限りなくゼロに近い、またはゼロであっても、AMHを分泌していない小さな卵胞があれば、それが成長してくることにより、何周期か後には前胞状卵胞にまで育ったものからAMHが分泌され、小さな幅ではあってもその値が上がっている可能性もあります。つまりはAMHの値が、今周期ゼロや限りなくゼロに近くても、AMHを分泌していない卵胞がゼロではないということです。

そのため治療の前周期のAMHの値が重要なポイントとなります。AMHの値は卵胞数に比例しますので、AMHの値が高い=卵胞数が多いことになりますから、排卵するまでに育つチャンスのある卵胞の数が多いことへつながります。しかし、少なければそのチャンスが少ない訳ですから、治療周期の途中でもしかしたら排卵までたどり着けずに終わってしまうことがあるかもしれません。ですからおち夢クリニック名古屋では、AMHの値をよく見極めて、1人ひとりに合ったより卵巣への負担の少ない方法、より確実に質のいい卵子を確保する方法を考え、処方する排卵誘発剤を選択しているのです。



© AMHセミナー


自然周期体外受精勉強会