AMHが低いと妊娠できないの?


卵巣に残っている卵胞の数が多くても、
少なくても、妊娠できるかどうかは、
また別の問題。 「あなた、AMH高いからね。
お注射、いっぱい打ちましょう」と言われたら、
ちょっと考えて!

AMHの値は、

  1. 前胞状卵胞から分泌されるホルモンで、この値から卵巣にある卵胞の数を予測するもの
  2. 卵巣そのものの機能とはイコールで結ぶことができないため、AMHの値が低くても卵巣機能に問題がないケースもあれば、AMHの値が高くても卵巣機能に問題があるケースもある

ということを前項までにお話してきました。
さて、「AMHの値が低いと卵胞数が少ないんだから、妊娠できないの?」と思うかもしれません。

ここで大切なことをお伝えしましょう。
AMHの値は胞状卵胞数を予測しているだけで、卵子の質を予測しているわけではありません。
AMHの値が高く、胞状卵胞の数が多いと予測されても「卵子の質」がよくなければ、妊娠が難しくなることもあるでしょう。AMHの値が低く、胞状卵胞の数が少ないと予測されても「卵子の質」がよければ、スムーズに妊娠、出産に結びつくケースもあるのです。

しかし、前胞状卵胞の数が少ないためにAMHの値が低くなるわけですから、卵巣に残る卵胞数も少ないだろうと予想します。そのため、前胞状卵胞の数が多く、AMHの値が高いときに比べると、妊娠にチャレンジできる回数が少ないということは言えるでしょう。

そこで大切になってくるのが、「卵巣を大事にすること」です。

私たちは、これまでにとても多くの患者さんを診療してきました。体外受精を成功に導く要は、やはり卵子の質にあります。よい卵子と出会うためには、卵巣を大事にしてきたかどうかが問題になりますし、大事にするかどうかも問題になります。多くの卵子を確保するために、卵胞を多く育てようと排卵誘発剤を使用した治療を受けていると卵巣はダメージを受けます。ダメージを受けると、質のいい卵子に出会うことが難しくなってしまうのです。

これまでタイミングをとっていても、妊娠しなかったという状況から卵子と精子が出合っていないのかな?と判断でき、そこで初めて体外受精が必要となりますが、卵子を確保するために「卵胞がいっぱいありそうだから、今のうちにたくさん採っておこう!」とか「残っている卵胞が少ないから、卵巣を積極的に刺激しましょう!」ということにはなりません。なぜなら、卵巣に残っている卵胞の数が多くても、少なくても、妊娠できるかどうかは、また別の問題も含んでいるからです。



© AMHセミナー


自然周期体外受精勉強会